病気やケガに備えて、ペット保険に入りましょう

ペットを飼われている方にとって、ペットは家族と同様にとても大切な存在でしょう。
愛する家族にいつまでも健康でいてもらいたい、そう思うのは自然なことです。しかし、ペットも生き物である以上、時にはケガをしたり、病気にかかったりすることがあります。

このようなとき、人間であれば病院で治療を受けても医療費は1割〜3割の負担で済むようになっています。
これは皆さんが健康保険に加入しているためなのですが、ペットの場合はどうでしょうか?

ペットの場合は人間の健康保険に相当するものがありません。ということは、病院での治療費は実費で全額支払う必要があります。
ペットの病気によっては、検査や手術が必要になったり、毎日通院する必要が生じる場合もあります。当然、医療費も高額になり驚いてしまう方も多いようです。
このような事態に備え、ペットの生命保険があることを御存知でしたか?

ペット保険は、人間の生命保険と同様の仕組みになっています。毎月保険料を支払うことにより、ペットが通院や入院をした時の医療費を負担してくれます。
実際にかかった医療費のうち、どれくらいの金額を負担してくれるかは加入するペット保険によって異なります。

また保険によって通院時や入院時に補償される金額、日数などに違いがあるので、よく検討する必要があります。
愛するペットの治療を金銭的な理由で断念することのないよう、ペット保険に入っておきましょう。愛媛県行ってみない?

新着情報

2018年04月24日
  ホームページを更新しました。